top of page
花嫁衣装
お衣装の種類
金の線
和紙
金の円
​白無垢
全てを白で統一した格式高い挙式用の衣装

花嫁衣裳の代表格である白無垢はその名の通り、打掛から掛下着、小物、草履にいたるまで、すべてを白で統一した装いで、身の清浄や婚家の色に染まるという花嫁の思いを表した衣装です

白無垢に角隠しの姿の新婦と黒い袴姿の新郎が神社本殿をバックに微笑みながら並んで立っている写真
和紙
金の円
色打掛
日本の伝統美が息づく絢爛豪華な婚礼和装

白無垢と並んで花嫁衣裳を代表するものであり、地紋の入った色地に、鶴亀や松竹梅などの吉祥文様と呼ばれる縁起の良い図柄があしらわれ、幸せになってほしいという想いが込められています

光沢のある色打掛に和髪の新婦と黒い袴姿の新郎が神社で微笑みながら並んで立っている写真
和紙
金の円
引き振袖
女性らしい美しい立ち姿が魅力の衣装

未婚女性の第一礼装である振袖のなかで最も格式が高く、おはしょりをせずに着物の裾を引いて着る花嫁だけの装いです

角隠しで、引き振袖を着る新婦
​こうがい
笄のご紹介
金の線
お好みのものをお選びいただき、お貸出しできます
和紙
べっ甲笄
金の円
色打掛用笄
金の円
bottom of page